通信料金を安くスマホに切り替えたいから格安SIMへ乗り換えました

ゲームやSNSで頻繁にやりとりをしたいという必要や希望がほとんどなかったので、ずっといわゆるガラケーを使い続けていたのですが、ガラケー向けのコンテンツが軒並み終了していって、不便さを感じてきたので、スマホへ切り替えることを検討しだしました。ガラケーで利用していたのはニュースや天気、乗り換え情報といった程度で、スマホに切り替えてもゲームバンバンやりたいわけでもありませんし、カメラはカメラで持ちたい派なので、ほんとにただ使えたらいい程度のスマホが希望でした。

といっても、それまで使っていたAUでは通信料金をどれだけ抑えようとしても、7-8000円はかかってくる計算になってしまいました。それはガラケーでの3000円程度を大きく上回り、正直そこまで毎月支払ってもそれほど使いはしないと思えたので、格安SIMへ切り替えることにしたのです。

格安SIMでも業者はさまざまで、料金体系もプランも色々とあったので、クチコミやレビューサイトを参考に比較検討して、最終的にはOCNモバイルONEを選択しました。この業者に決めたのは、バックボーンがNTTでやはり信頼性が高いということ、月額料金もわかりやすく設定されていること、留守番電話のオプションがつけられることなどです。留守番電話のオプションをつけて、多少通話料が入っても請求額は月3,000円以下でガラケーよりも安くなりました。

ですので、この格安SIMへ切り替えてよかったと今では思っています。切り替えは多少面倒な部分はありますが、AUの解約手数料の決まりのややこしさが一番問題だったくらいで、自分ではなにもやりたくないという人以外なら、手続きはスムーズに行えるのではと思います。

といっても、通話料設定は「掛けた分だけ掛かる」となっていますので、電話をたくさん掛ける人は無料通話アプリを使うか、キャリアの通話料定額プランを使用するのが良いとは思います。また、ゲームをたくさん遊ぶ、動画や音楽をめいいっぱい楽しみたい、と容量を多く使う場合には、格安SIMでは多少不安がありますのでキャリアをおすすめします。多く使うのであれば、キャリアの料金でもある意味元が取れるともいえるわけですから。

金額的にいえば格安SIMのメリットはとても大きいですが、デメリットももちろん存在します。どちらを自分が気にかかるかを考えれば、自分にとってどの通信業者が良いのかを選んでいけると思えます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ