格安simって何?ガラケーを使っているとなじみがうすかった

ずっとガラケーを使ってきていて、スマホは使ってこなかったのは、ただ料金が高いからという理由です。料金を払えるならスマホにするけれど、月々5000円、6000円払うぐらいならガラケーのままにしておこうかなと思っていました。それと、ガラケーとスマホのメリットとデメリットを挙げている番組があり、ガラケーのほうが使いやすいのでは?と思わせる内容がありました。

しかし、スマホを使えるなら、スマホにしようと考えます。外出先で見かけるのが、スマホの画面を見ながら歩いている人の多さ、どこもかしこもスマホだらけになっていてガラケーはめったにいません。

何かの雑誌やテレビで格安simについて噂を聞いて、使っているうちに通信速度が制限されるが料金が安い、というのがあるようでした。なんとなく複雑な印象のするスマホ用語で、格安simになじめませんでしたが、simって何なのかとかコラムを読んで意味がわかると、より身近に感じるようになりました。とくに自分でスマホを持つとより身近に感じます。

格安simに参入している企業の数は数十以上あり、どの格安simを使うのかの基準について、それも雑誌を読むなどして細かく知る必要があります。料金はだいたい1000円とか2000円とか通常のsim料金に比べてかなり安くなっているし、どれだけの通信量で速度制限がかかるのかについて書いてあります。

具体的には何ギガバイトで速度制限というふうに表現されるから、そのギガバイトの容量がどのぐらいのものなのかということについて知ったうえで、どのプランにするかを決めるのがスムーズです。ウェブページ閲覧、メールの送受信、動画の再生、アプリのダウンロード、それぞれ何回ぐらい可能なのかによって振り分けてあります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ