ガラケーと2台持ち前提で格安sim契約

もともとは大手携帯電話会社のスマートフォンを仕事、プライベート共用で使っていました。とにかく通話が多く、大画面で通話しずらいという難点があったのでどこかのタイミングでスマートフォンと通話用にフューチャーフォンを使い分けたいと考えていたのです。

もちろん、2台持ちでもそれほどデータ通信を使わないので格安simを使えば維持費も安くなることがわかっていたからです。また、ラッキーなことに自分が所有していたスマートフォンがsimフリー対応のスマートフォンであったことがわかったのです。

2年間の縛りがあったので2年待って、スマートフォンからフューチャーフォン、いわゆるガラケーに変更しました。それと同時に格安simで事務手数料だけを支払って、毎月3Gの新規契約を行ったのです。この格安simのいいところはなんといっても2年しばりなどという制限がないことです。

また、データ通信の使い方によって、3G、5Gといった変更もすぐにできるという部分も使い勝手がいいと思います。そして何といっても3Gであろうと5Gであろうとおおよその格安sim会社であれば1500円程度で契約可能です。わたしのようにフューチャーフォンと使い分けているユーザーからするとかなり安いものになると思います。

私の場合、simフリーのスマートフォンを所有していたことが何よりも大きかったのです。いかに格安sim、または格安スマートフォンといっても本体の分割支払いが入ってくるとそれなりの毎月の支払料金になってしまいます。

個人の利用状況やバックボーンでどれだけ安くスマートフォンが利用できるかは少しずつ変わってきます。格安simの料金表だけではなく、自分自身の利用状況をしっかり調べて契約しましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ