格安スマホ会社に変更するタイミングについて

とにかく多くの格安スマホ会社が乱立しています。過去から大手携帯電話会社を利用している方でもこれだけ維持費の差がでてくると格安スマホ会社に乗り換えようという思いもでてくるでしょう。

もちろん、毎月の維持費だけを見ればかなり安くなりますが乗り換えのタイミングや機種によってはイニシャルコストでかなり費用も掛かることになります。このあたりもしっかり見極めたうえでの動きが重要です。まず、乗り換えのタイミング。

これは何といっても違約金の支払いがないタイミングでMNPしようということです。またはスマートフォンの分割料金を支払い切ってからというタイミングになるのでしょうか。また、今使っているスマートフォンがSIMフリー端末なのであれば、MNPで転出費用を支払うということもなく解約して、新規で格安スマホ会社に新規契約するという考え方もあるでしょう。

どのもち、どんな格安スマホ会社であっても事務手数料3000円はかかってくるので仕方ありません。また、こうして過去に使っていたスマートフォンがSIMフリー端末であった場合は本当にラッキーです。

格安スマホ会社であってもスマートフォン本体の料金は一括または分割で支払う必要があるので本体が手元にあれば無理に支払わずとも、SIMカードの契約または通話が必要ならデータ通信に加えて通話機能もプランにプラスすればいいことです。

こうして考えてくると格安スマホ会社への乗り換えタイミングも機を逸するとコスト的にデメリットが生じることがよくわかると思います。まずは今の契約状況をしっかり把握したうえで、乗り換えのタイミングがいつでどのような形式にしたらメリットがあるかしっかり見極めておくことが必要です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ