格安SIMはやはり通信速度がネックです

格安SIMのIIJmioのデータのみプランを少しだけ利用しました。利用してはみたものの、すぐに解約してしまいました。格安SIMにした理由は、今使っているキャリアのiPadの料金が高いので、キャリアフリーにして格安SIMにして月々の利用料金を安くしようと思ったからです。

ではなぜすぐに解約したのかですが、iPadを手放すときの料金があまりにも高かったことはもちろんありますが、それとは別によく言われているように格安SIMは通信速度が遅かったことも大きな理由です。特に昼の12時頃と夜の6時頃からは遅すぎて普段しているアプリゲームが起動できなくなっていました。Youtubeで動画を見ることもできませんでした。

利用していたプランはデータ通信のみのミニマムスタートプランで、月額900円のものです。ミンマムスタートプランは3Gの制限がありますが、下り最大225Mbpsに上り最大50Mbpsといったように通信速度は十分のはずでした。ただこれは最大なので、私がよく利用していた場所では2~3Mbpsのときが多く、よくて10Mbps、特に速度が遅かった昼の12時頃と夜の6時頃からはあまりに遅かったので通信速度を計測することもしませんでした。通信速度は一番のネックでした。

他の通信会社では最低利用期間が無いところもありますが、IIJmioでは最低利用期間が設定されていて最低2ヶ月は利用しないと解約できません。使い始めてすぐに通信速度が遅かったこと、iPadを手放す際の料金が高すぎたことから、1週間くらいで最初の月が終わったのですぐに解約の手続きをしました。

格安SIMはハードルが高そうに思いましたが、実際に利用してみるとすごく簡単でした。SIMカードを入れるのも特に難しいこともなく無事に認識してくれました。

通信速度が気にならなくてとりあえず回線を確保したいという方には格安SIMはおすすめです。バリバリ使いたい方はキャリアを利用したほうがいいでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ