格安simのお勧めポイントについて

最近、とにかく多くの格安スマホ会社が出てきています。特におすすめしたいのが格安simの利用です。格安スマホやモバイルwifiルーターはどうしても本体代金を支払う必要があるので分割にせよ、一括にせよコストがかかってきます。ところが格安simの契約のみなら何といっても事務手数料の3000円程度ですんでしまうことがほとんどです。

ではその格安simの選び方です。最近ありがたいのが契約時に2年縛りもなく、各月ごとで解約も可能であれば、データ通信の上限をフレキシブルに変更できるという設定があることです。通信に関しても大手通信キャリアのLTEがバックボーンであることが多く、屋内外、地下であってもエリアに関しては問題なく利用できることが魅力です。

選択の具体的ポイントです。まずは通話機能が必要かどうかです。タブレット端末に挿入して利用するならまったくこの通話機能も必要になりません。とにかく安い値段で格安simを契約することができます。あとは毎月のデータ通信の利用の応じて支払額を変えていけばいいだけのことです。

仮にすでに所有しているスマートフォンがsimフリーであれば、通話機能をセットで契約すればキャリアメール以外の利用ならば問題なく利用できるようになります。あと気を付けないといけないのがsimカードのタイプです。自分が挿入して使おうとしているスマートフォンやタブレットPCがマイクロsimなのかナノsimなのかきちんと確認してから契約をしましょう。

ここで失敗すると利用できないはめになります。あとは実際に利用しながら毎月のデータ利用量を確認して契約を検討していけばいいでしょう。間違いなく過去の契約内容よりもコストは下がってくるはずです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ