auの速度と魅力も格安スマホの安さにはかなわなかった

現在携帯会社は三強の戦いと言われています。 皆さんご存知の、au、ソフトバンク、ドコモ。けれども私はそのどれでもない格安スマホを選びました。その理由はごく簡単。
auの速度よりも、値段を選んだのです。

そういう私が選んだのはbiglobe。群雄割拠の格安スマホ界でこの会社を選んだ理由は、メールアドレスが一つ無料でもらえること、音声simがあること、値段が安い事、でした。音声SIMで、一番安いプランで値段はたったの1800円。

最初は一番安いプランでやり、それで通信料が足りないようならまたワンランク上のプランに切り替えればいいということで選びました。

私の場合、家は家でプロバイダと契約していたので、家では無線LANが導入されていて、家でスマホを使う場合はそのwifiに乗るのでさほど速度は問題ではなかった、ということもあります。

家にいる間は無線LANでwifi接続できるわけで、家の外で携帯を使う時間というのは実はかなり少ないのですから。

auだと、パケット通信や基本料を合わせて、最低でも7000円が飛びます。基本料金だけで、それだけ飛んでいたのです。通話料を含めると、ほぼ毎月10000円近くでした。

それに比べ、1800円。圧倒的な値段の安さが魅力でした。

また、端末は普通格安スマホでは使えないので新たに購入する必要がありますが(simロック)、私の場合、それはなかった、ということもあります。

auでiphone4sを購入し、それを使っていましたが、格安スマホに切り替えた後も、それをそのまま使えています。

その理由は「simロックを解除するアダプタ」の存在です。

一個1700円ほどでネットで購入でき、それをただsimカードと一緒に携帯にセットするだけで、simロックが解除されるのです。

最初は新しく端末を買おうかと色々模索していたのですが、そういう「裏ワザ」を知ったおかげで、格安SIMに乗り換える大きな障害が取り除かれました。

やはり、1から新しい端末を買い、その操作方法を学習するのは煩雑で面倒です。格安スマホに切り替えた後も、端末をそのまま使える。

だからデータの移動も何もかも考えなくてもいい、というのは非常に大きな利点でした。

格安スマホに切り替えるには、端末を変えなければならない。そう思いこんでいる方にはこの方法をお勧めします。そんなことはないのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ