格安SIMのスマホへ番号据え置きで乗り換えられますか?

現在使用しているスマートフォンから番号据え置き(MNP)で格安SIMのスマートフォンに乗り換えたいという要望もよく耳にします。

ここで大切なのは、「MNPに対応しているMVNOを選ぶ」ということです。

DMMmobileやY!mobileなどはMNPに対応していますが、大手のMVNOでもMNPに対応していない格安SIMを提供している業者も多いですので、格安SIMに乗り換える際には前もって確認をしなければいけません。

番号据え置きで格安SIMに乗り換えるということは、自動的に「音声通話が可能な格安SIMに乗り換える」ということになります。

音声通話が可能な格安SIMも多くなっていますが、基本的に大手キャリアのプランを利用していた時に比べて基本料金が安くなっている代わりに1分あたりの通話料が高くなっているケースが多くなっています。

そのため、頻繁に音声通話を利用するという方にとっては、格安SIMに乗り換えたのにも関わらず、月額料金が高くなってしまうということも考えられます。

そのようなデメリットを防ぐのにオススメなのが、スマートフォンとガラケーの2台持ちがオススメです。

現行の大手キャリアのプランでは、ガラケーのプランが格安になっていて、スマホアプリなどを使用することは出来ませんが、通話やキャリアサービスについては十分なサービスが提供されています。

ネット接続をガラケーでほとんど行わない場合には、月額の料金が1,000円前後になりますので、格安SIMをネット接続専用で所持していても、2台合わせて4,000円~5,000円もあれば、十分に利用できるようになります。

それほどネット接続をしないという場合なら、月々の料金は2,000円前後になると思われますので、大手キャリアのスマートフォンを持っているよりも遥かに低い料金で使用することが出来ます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ