メーカーによる回線の違いはある?

格安SIMは提供している企業によって使用している回線が異なるために、回線の違いというのは大きなポイントになります。

格安SIMを提供している業者で最も多いのはdocomoの回線を使用しているケースが多くなっています。

そのため、docomoの端末でSIMロックを解除した場合や、docomoから販売されているSIMフリーの端末を流用した場合は、キャリアの契約が解除されている端末でも格安SIMを利用できるケースが多くなっています。

しかし、auやsoftbankの回線を使用している業者も多くなっていますので、格安SIMを使用する前に、どの端末なら対応しているのかということを予め調べるようにしたほうが良いでしょう。

また、回線の違いがあるということは、受信できる場所にも違いがあるということになります。

一般的にsoftbankは都心部に強く、auは田舎に強いとされています。

そして、docomoは親元がNTTということもあり、幅広い地域で送受信することが可能になっていることが特徴的です。

そのため、住んでいる地域によっては、格安SIMを購入したのにもかかわらず、使用することが出来ないというケースも少なからず存在するということを覚えておいて下さい。

よくある話ですが、現在使用しているキャリアの携帯電話から他社にMNPで乗り換えた際に、上手く会話が出来なかったり、ネット通信が起動できなくなったりといった不具合もよく起きています。

日本国内でも、電波を拾うことが出来ない「圏外」というのはよくある話ですが、これはキャリアごとの電波帯が異なるためだとされています。

どのキャリアの回線が優れているのかという話ではなく、状況や環境によって優れているポイントが異なるのが特徴になっていますので、購入する前には十分にチェックをしてからのほうが良いでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ