ネット専用のSIMカードで通話をするには?

格安SIMカードには、音声通話が出来るプランと、ネット接続専用のプランの2つが用意されています。

ネット接続専用の場合は、音声通話が出来ません。

ここで言うところの音声通話というのは、「電話番号をプッシュして通話をする」ということを指します。

「音声で会話すること」を指しているのではないので気をつけて下さい。

近年では、LINEやSkypeといったアプリケーションで、文字媒体でのメッセージのやり取りの他に、音声でやりとりが出来るという機能が増えてきました。

そのため、ネット接続専用のSIMカードでも、LINEやSkypeを利用することによって音声で通話をすることは可能になっています。

ただし、通話の相手もLINEやSkypeなどを使用していないと音声で会話をすることが出来ないので注意して下さい。

ネットを利用して音声で会話をするメリットとしては、「通話料金が発生しない」ということが挙げられます。

ネット接続専用のSIMカードの場合は、データ通信が必要となるので、無制限に利用することは出来ませんが、Wifiや無線LANなどに接続されている環境なら、いつまででも会話をすることが出来ます。

また、LINEやSkypeなどは全世界で共通して使えるアプリケーションになっているので、時差を考えれば世界中のどこの人に対しても無料で利用することが出来るアプリになっています。

格安SIMのデータ通信量では1GBが最低となっているケースが多いですが、1GBでどれくらいの通話ができるのかというと、Skypeの場合は、約1,800分(30時間)ほどの通話が可能になっています。

電波が入りづらい場所によっては、音声が途切れてしまうことも考えられますが、料金だけで考えるのなら、音声通話よりも遥かに低い料金で利用することが可能になっています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ